August 17, 2005

ちょっとショック

今日は内科の診察日でした。今後の療養計画を改めて話し合ったのですが、あと数回レミケードを試みるけれども、効果がでないときは手術をしましょうということになりました。

それで手術になった場合の、腸の摘出範囲を聞いたのですが、ちょっとびっくりしてしまいました。瘻孔があるのは小腸の末端部の少し手前なのですが、なんと大腸の上行結腸の半分より下から取る事になるだろうと…。(あくまで私の場合の内科医の予想です)

小腸部分については、開けてみてからの判断になるみたいな事を聞きました。

私が考えていたより、はるかに多く取るのだと感じました。そして、数ヶ月前の内視鏡検査でかなり良好になっている大腸の部分まで摘出範囲に入るとは想定外でした。もったいない。これは外科手術上、腸の血管まわりの事とかあるので病変部だけを取るとは限らないと言われました。

クローン病にとって術後のことを考えると、あまり関係ない部分まで取らないでほしいと思うのですが、わたしの考えが甘かったのかな…。手術はやはり最終手段にしたいと思う内科医師の気持ちが少し分った気がします。ハァー(´ー`)yー~~


Posted by ka-za-ho at 11:47 P | from category: クローン病 腸管膀胱瘻との闘い | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks