July 30, 2005

更新手続きで聞いたこと

きのうは、保健所に特定疾患受給者証の更新に行ってきました。

更新後は、保健婦さんとの面談が有りました。私の市では、毎年、更新手続きの後に保健婦さんが前の更新からの一年間の病気の具合等を聞いてくれるのです。ひととおり面談が済んだ後、私の方から、現在の私の住んでる市のクローン病患者の数を伺いました。5年前は32人だったのですが、今は56人だそうです。そして、それぞれどんな病院に通っておられるのか、もし、わかれば資料がほしいと云ってみました。自分の住んでる町のクローン病患者さんがどんな病院に通っておられるのか前から興味があったのです。それに膀胱まで穴を開けるような合併症をしてしまい、今後の事を考えた場合、他にクローン病患者が多く通ってる病院も知っておきたかったのです。しばらくして保健婦さんから、その資料をいただきました。自分の町から私が通院してる病院へは3人。(おもってたより少なかったな。)1番多い病院で9人、2番人気はこの町の市立病院でした。保健婦さんの説明では、やはり近いからが理由ではないかとのこと、わたしのように合併症を患うような複雑な患者さんは、今後の事も考えて某兵庫県の医大病院がいいのではないかと勧められました。そりゃ関西では超有名だもん。でもあそこは、遠いんだよな〜。それでもわたしの町からは、2人の方が通ってらっしゃいました。町の保健センターだけど、ただ更新手続きをするだけじゃなく、いろいろと伺うと情報や資料がもらえたりして、ふだん興味があることや疑問に思ってることを聞いてみるのも面白いかもしれません。


Posted by ka-za-ho at 10:50 P | from category: クローン病 | TrackBacks
Comments

くろーん40:

病院情報や他の患者さんのことを教えてくれるのは嬉しいですね。やっぱり地元でしか分からないことですよね。
(August 01, 2005 09:59 P)
:

:

Trackbacks